スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

じゃこ

銀河パトロールジャコ面白いですね
中学生高校生の頃はビシバシ戦って恰好よさげな台詞をいう漫画に魅かれましたが、
大人になるにつれ、ああいう微妙に馬鹿馬鹿しいと言いますか
自然にプッと笑える漫画の魅力に気付いていきました。
これは、ある程度の常識が身についたからかなと思います。
常識があるから、微妙に変な場面や空気を認識できるのでしょう。

もし僕が幼かったなら、宇宙人が丸テーブルでチーズを食べているという
シュールな空気に笑わなかったと思います。

ドラゴンボールも昔は戦いのシーンばかり気になっていましたが
改めて読むと、悟空の呑気な性格がいちいち面白かったりします。
ヤジロベー、ブリーフ博士や界王様等のとぼけたキャラがじわじわ好きになってきたり。


ところでバーダックって、肉屋の亭主(?)だったんですね。
おまけストーリーのわずかなコマから窺えるサイヤ人の生活感が面白いです。
原作とアニメのZはあらゆる部分で別物だと以前から思っていましたが、
改めて違うんだなと


あと思ったのですが、実は悟空は下級戦士じゃないんじゃないかと。
ベジータが下級戦士呼ばわりしていましたが、ベジータ曰く
戦士の素質を検査されて、数値が低い子がたいした敵のいない星に送り込まれる

地球への飛ばし子にしたのはバーダックの独断ですし、
そのバーダックも部下みたいな人連れてるし、新型の方の戦闘ジャケット着ているので
少なくとも最下級じゃないんじゃないかなーと

アニメ設定では最下級なんでしょうけどね


スポンサーサイト

鶴亀

ふと、ドラゴンボールの亀仙人と鶴仙人ってなんであんなに仲が悪いんだろうと思い、いろいろ妄想をしていました。

もともと同じ師の下で武道を学んでいた兄弟弟子だったはずなのに、ただ単に仲が悪いという範疇を超えて険悪ですよね。
鶴仙人なんて、弟子に亀仙人の弟子を殺すように指示したりしますし。
まあ桃白白の仇討ちという意味合いもあっての事なのでしょうが。

共通の師が武泰斗さまなわけですが、武泰斗さまはその昔、ピッコロ大魔王が大活躍していた当時に、ピッコロ大魔王をおのれの命とひきかえに封印し亡くなられました。
その当時のピッコロ大魔王には、若い頃の亀仙人鶴仙人もかなわなかったそうです。

そんで思ったのですが、鶴仙人、引いては鶴仙流って、ピッコロ大魔王等の魔族の技を模倣してるんじゃないかなあと。

サイヤ人が来るまでは、舞空術は基本的に魔族と鶴仙流特有の技術だったり、
鶴仙人はピッコロ大魔王のように部下にテレパシーを送る事ができたり、
ピッコロ大魔王が爆力魔波の補助として使った技が、どどん波っぽかったり。

間接的にですが、師匠を殺した魔族の技を使う鶴仙人を、若い頃の亀仙人は許せなかったのかもしれません。
亀仙人が舞空術を扱わないのも、その辺の事情があるのかなとか。

と、仲が悪いのはこんな具合の理由が、原因の一つなんじゃあないかなあと妄想してみたわけですが、ドラゴンボール(原作)って、設定があるのか無いのか、ちょうど上手い具合にふわふわしていて、妄想のしがいがありますよね。
こう、ここで笑え!とか、ここで感動しろ!みたいな部分もなく、解釈を各個人に委ねている側面があると思います。
そういう側面が、僕が未だにドラゴンボールに魅かれる理由なのかも。

ああ、だからアニメ版にはそんなに魅かれないのか。



プロフィール

わにわに

Author:わにわに
朝起きたら必ず鼻が詰まってるのは何故だろう

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。